産業保健師の役割

神戸の産業保健師は、企業に欠かせない役割を担っている

産業保健師は各企業の従業員の健康管理や、メンタルヘルス対策や生活習慣病対策などを行うというのが主な業務内容になりますが、企業に欠かせない存在になっているという事には違いありません。最近はハードな業務でうつ病になってしまう人も少なくありませんし、仕事が原因で命を絶つという人もいるほどなのです。産業保健師がいる事によって、このような事を無くし、従業員が心も体も健康でいられるように対策を取ってくれるので、企業に欠かせない存在になっているのです。

精神的なケアが必要な今の時代は、産業保健師の必要性が高まっている

今は精神的なケアが重要になっている時代です。パワーハラスメントという言葉があるように、従業員が精神的に苦しんでいるケースも少なくありません。こういった従業員を早期に発見できるかできないかは、産業保健師に掛かっているといっても過言ではないでしょう。健康診断の結果や健康相談を行う事で従業員の精神面も把握出来るように心がけ、やりがいのある仕事になるようにしていきましょう。

産業保健師は、快適な職場づくりにも欠かせない存在になっている

産業保健師は、従業員のメンタルケアや健康管理だけが役割ではありません。企業が快適で働きやすい雰囲気になるような職場づくりを行う事も、産業保健師の役割と言われています。雰囲気作りは難しいかもしれませんが、企業内が明るい雰囲気になるように、自分自身が明るくふるまったり、話しかけやすい雰囲気作りをするという事から始めてみると良いでしょう。様々な役割のある産業保健師なので、非常にやりがいの持てる職種と言えるのではないでしょうか?