地域保健師の役割

神戸の地域保健師の保健センターで働く保健師の役割について知ろう

地域保健師には2つの種類があります。まずは神戸の保健センターで働く保健師の役割について確認しておきましょう。どちらの保健師も、神戸市民の安全や健康を図るという事が主な業務内容になりますが、保健センターで働く保健師の方がより地域に密着した業務を行っているという特徴があります。高齢者や新生児が生まれた家庭を訪問をしたり、健康や児童虐待など様々な面での相談を受けたりと、地域に欠かせない役割を担っているという事が理解できると思います。

神戸の行政で働く保健師の役割について知ろう

次は神戸の行政、兵庫県が設置した保健所で働く保健師の役割について紹介しましょう。自治体で働く保健師と比べると、様々な分野が対象となるサービスや業務を行い、高い専門性や知識が必要になる職種になると思います。新型の感染症などの危機管理を行ったり、障害者や難病患者などに対する保健サービスを行ったり、医療機関と連携を促されるような取り組みをしたり、地域の保健師に研修を行い、より高い保健サービスを提供できるように図ったりしています。

どちらの神戸の地域保健師も、コミュニケーションが必要になる

2つの保健師の役割について簡単に解説しましたが、どちらの保健師もコミュニケーション能力が必要になる仕事になると思います。地域の住民が住みやすく健康でいられるようにするには、保健師の呼びかけやコミュニケーションなどが欠かせないのです。対人業務が重要になる地域保健師に向いていると感じている方は、この機会に地域保健師への転職を検討してみてはいかがでしょうか?