神戸で働く地域保健師のニーズ

神戸の地域保健師のニーズは高まっている

神戸では、多くの地域保健師が活躍していますが、今後も地域保健師のニーズは上昇すると言えるでしょう。地域保健師は地域に密着した保健師で、お年寄りや妊産婦などを中心に様々なサポートやケアを行っています。少子高齢化社会が問題になっている今の時代、地域保健師は欠かせない職種になっているのです。地域保健師は定期的な採用などは行っていないようですが、女性が中心の職種のため、結婚や出産、育児などを理由として、離職をする人も少なくないようです。

神戸の地域保健師は、これからも欠かせない存在になっている

先ほども述べたように、高齢者が多い時代のため、将来的にも地域保健師は欠かせない存在になるでしょう。また、神戸市の中には、多子高齢化社会になっているエリアもあり、より一層地域保健師の必要性が高まるという事が予測できると思います。どのエリアでどういった特色になっているかを把握しておくと、地域保健師の需要や必要性についてもある程度知ることが出来るのではないでしょうか?

地域保健師は対人業務が多くなり、コミュニケーション能力が高い人材が有利になる

地域保健師に向いている人材について知っておくと、面接などの際のアピールにも繋がるでしょう。地域保健師はデスクワークが多いというイメージがありますが、実際は対人業務がメインとなる職種で、家庭訪問を行ったり、定期健診などに参加し健康相談を行ったりするため、人と人との関わりが欠かせない職種と言えます。もちろん、パソコンが使えるという点は前提になりますが、コミュニケーション能力が高い人材ほど、地域保健師の需要に応えられると思います。